風間歯科医院

金属アレルギーとお口の中の金属の歯

人間は生きていくために、実にたくさんのいろいろなものを食べています。

①通常、人は1年間に約500キログラムもの食べ物を食べています。

(1回の食事で500グラム食べるとすると1日1.5キログラム 1.5キログラム×365日= 547.5キログラム)

②人はとても硬いものを食べることができます。

奥歯で思いっきり噛むと数十キロもの力が出ます。

③とても熱い食べ物、冷たい食べ物を食べています。

熱いお茶や味噌汁(80度から90度)から、とても冷たいアイスクリーム(-5度)の物を食べています。

④強い酸性の食品からアルカリ性の食品を食べています。

強い酸性(梅干しやレモンpH2)からアルカリ性(ほうれん草pH10こんにゃくpH12)を食べています。pH5.5以下の酸性で歯が溶け始める。

⑤塩分の強い食品(醤油、塩漬け)を食べています。

海水や海風に金属は弱い。

お口の中のこのような厳しい環境に耐えられる物質を吟味して、歯科用の金属が開発されてきました。歴史的にも(現代でも)金合金が最も耐久性があり体に優しく扱いやすい金属です。
しかし、希少で高価であるために、代用の金属が使われてきましたが、近年はセラミックやレジン(プラスティック)やハイブリットレジンがたくさん使われるようになってきました。

けれども、現時点では、入れ歯やブリッジにはどうしても金属が必要になります。

MENU

0269-38-3060

午前8:30~11:30
午後14:30~17:30

木・土は午後休診、日・祝日は休診

CLOSE