風間歯科医院

指しゃぶり、爪かみ、舌突出癖、口呼吸と3D-LSTの矯正治療

指しゃぶり、爪噛み、舌突出癖、口呼吸などがあると、歯並びに影響が出てしまうのをご存知でしょうか。最近の子供たちにはとても多いんです。
そもそも、歯が生えていない赤ちゃんと、乳歯列が完成した幼児よりも大きな子供(もちろん大人も)とは食べ物を飲み込む時の口の動きは異なっています。
赤ちゃんはおっぱいを飲み込む時には、舌を突き出して乳首をくわえたままで飲み込みます。しかし、歯がしっかり生えている人は舌を上あごに付けて、奥歯で噛み、唇を閉じて飲み込むのが正常です。
ところが、歯がしっかりと生えているにもかかわらず、赤ちゃんのやり方で食べ物や飲み物を飲み込んでいる子供たちが多いのです。

 

私は、地元の保育所から小学校・中学校の学校歯科医をしています。およそ3、4歳から15歳までの子供たちを継続して観察しています。飲み込むときに異常のある子どもは、保育所では大多数、小学校では半数、中学になっても3割ぐらい残っています。

2歳半で乳歯列が完成するので、赤ちゃんの飲み込み癖は卒業すれば良いのですが、今の子供たちはかなり遅れています。右の写真は40代の女性です。かみ合わせの異常もあるのですが、いつも上の前歯を舌で押していました。もちろん飲み込むときにも押していたので、上の前歯が前の方にでてきています。押された前歯はグラグラしてきています。

この方は80代の女性ですが、やはり飲み込むときに舌で前歯を強く押していました。このために前歯が抜けてしまい、ブリッジを入れる事になりました。赤ちゃんの飲み込み癖は一生卒業できないのかもしれません。歯科疾患に対する影響は数値化が難しいですが、気がついたときには何とかして患者さんに赤ちゃんの飲み癖を卒業してもらえるように頑張りたいと思います。

特に3D-LSTの矯正治療では、少しでも早く、少しでもキレイに歯並びの治療が終了するように、飲み込み癖のある患者さんには、MFT口腔機能療法を一緒にやっていきます。日本では、まだ一般的ではありませんが、大きな治療的意義があります。心当たりのある方は、お気軽にご相談ください。

この患者さんは当院に20年以上通院している方です。下顎両側の内側に転移している二本の奥歯は、この10年の間に、少しずつ虫歯と歯周病が進んできて、クラウンをかぶせるようになってしまいました。歯並びが悪いと、徹底的なブラッシングと定期検査をして管理しても、どうしても虫歯や歯周病が進行してきて、歯の寿命が短くなってしまいます。歯の健康を保つ上で、3D-LST矯正歯科をすることは大変に有意義なことなので、ぜひお勧めします。

MENU

0269-38-3060

午前8:30~11:30
午後14:30~17:30

木・土は午後休診、日・祝日は休診

CLOSE