風間歯科医院

恐怖心を植えつけない

お子様が歯科医院を「怖い」と感じる理由は、「口の中」という自分では見えないところで「何をされるのかがわからない」ことにあると思います。それはきっと、大人の方でも同じではないでしょうか。

そして「なんとなく怖い…」と思っている状態のまま、無理に押さえつけるように診療台に座らされたら、恐怖心を煽ることになってしまうのは明らかです。そのため、緊急を要する場合を除き、当院では基本的に、嫌がるお子様を押さえつけて強制的に治療することはありません。

慣れることからスタート

最初は「お口を開けて中を見せてくれるだけ」でもOK。次には、口の中に含んでもらった水をバキュームで吸い上げて「お口の中での作業や刺激」に慣れてもらったり、それがすぐにできないときには、バキュームを口の中ではなく手に当てて「吸われる感覚」を体験させたりすることもあります。

そして、お口の中にバキュームを入れることができたらほっぺの内側に当ててみる、エアーを当てながらバキュームを使ってみる、タービンを回して音にも慣れてもらう、というように少しずつ敷居を上げていき、徐々に治療へ移っていくようにしています。

しっかり褒めて自信を持たせる

できてもできなくても「しっかり褒めてあげること」が大切です。少しでも練習ができたら、大げさなぐらいに褒めますし、もしも何も練習ができなくても、できなかったことを叱るのではなく「イヤなのによく我慢したね」「歯医者さんに来ただけでもエライよ!」と褒めるのです。

怒られたり叱られたりしたら「もう歯医者さんには行きたくない!」ということになってしうかもしれません。そうではなく「来てくれただけでもエライよ。だからまた来てね」と次につなげることが大事です。お子様にとって「褒められる」ということは、自信や「やる気」の喚起となります。

ただし、以前に歯医者で痛い思いなどをしたことのあるお子様などは、そのトラウマを拭い去るのに時間がかかることもあります。そういう場合には日を変えて、3か月くらい経ってから来てもらうこともあります。とにかく、諦めずに長いスタンスで対応しています。

必要な応急処置は行います

嫌がるお子様を無理に治療するには、どうしても危険が伴います。危険のないことが最重要なので、基本的には無理な治療はしていません。小さなお子様ほど、3か月もすれば心も体もかなり成長しますので、急を要する場合以外は「待つ」ということも大事だと考えます。

ですが、患部の進行度合いによって、痛くて眠れなかったり食事が取れなかったりすると、お子様自身が辛い上に、保護者の方もお困りになるでしょう。そういった場合には、保護者の方に必要な治療内容や注意事項をご説明し、同意をいただいてから必要最小限の応急処置をします。

また、進行止めの薬もご用意していますので、安心してお子様をお連れください。

MENU

0269-38-3060

午前8:30~11:30
午後14:30~17:30

木・土は午後休診、日・祝日は休診

CLOSE